お気軽にご相談ください インプラント TEL:0120-118-478(滋賀) 矯正 TEL:0120-118-284(京都) 無料相談  TEL:0800-118284(三重)
グリーン歯科グループ一覧 栗東グリーン歯科 四条烏丸グリーン歯科 瀬田グリーン歯科 草津グリーン歯科 膳所グリーン歯科 鈴鹿グリーン歯科 野洲グリーン歯科

インプラントなら滋賀(大津・草津)・三重鈴鹿・京都四条烏丸のグリーン歯科(緑和会)

インビザライン

医療法人 緑和会 採用情報 インプラントセンター MOVIE フォトギャラリー 歯科医師臨床研修 2017歯科医師向けセミナー
スルガ銀行のデンタルローン SURUGA bank
HOME»  インビザライン

笑顔で歯科矯正「インビザライン」

「歯並びが気になる!!」と思われている方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?
中には、歯科矯正治療を考えられた方も…。歯科矯正治療をご検討されている方の中には以下のことが気になって、実際に治療に至っていないケースもあるかと思います。

  • 歯科矯正に使用される金属が見えてちょっと…。
  • 食事が取りにくそう。食べ物が金属に引っ掛かりそう。
  • 歯磨きできるの?面倒くさそう。

確かに一時的であれば、ある程度我慢できるかもしれませんが、これが1年2年掛かると思うと、ちょっと躊躇される方もおられますよね。
特にお仕事をされている方であればなおさらではないでしょうか?
そんな悩みを解消して、笑顔で歯科矯正治療が受けられるのが、
マウスピースを利用したインビザライン・システムです。

インビザライン・システムとは?

米国アライン・テクノロジー社が1999年にマウスピース型矯正治療として、米国の矯正歯科医師に提供を開始。
「目立たず」、「透明に近い」、「取り外しが可能」な新しい治療の形の歯科矯正方法が受入れられ、これまでに210万人を超える患者様が治療を受けられています。

invisalign

患者様にとってのメリットは?

  • インビザライン・アライナー(マウスピース)は透明で目立たない為、装着している事がわからず、見た目のストレスを感じさせません。
  • 取り外しが可能な為、いつでも簡単に歯のお手入れができ、口腔内を健康な状態に保ことができます。
  • 3次元治療計画ソフトウェアと通じて、治療開始から完了に至るまでの歯の移動を、コンピューター画面上で画像及び動画として確認する事ができます。
  • 金属製のワイヤーやブラケットを使用しない為、治療期間中に装置が脱落するなどの緊急性を要することはありません。また、金属アレルギーの心配もありません。

インビザラインと従来の一般矯正との比較

  〈インビザライン〉 〈従来の歯科矯正治療〉
治療方法 透明で取り外しが可能なアライナー(マウスピース)を使用して歯の矯正を行います。ワイヤーなどは使用しません。 ワイヤーとブラケットを使用する固定式の矯正装置を使用して歯を矯正します。
装置が
目立たない
透明の医療用プラスチックで作製されるアライナー(マウスピース)は、装着していても目立ちません。 歯に装置を固定するため、目立つ場合があります。
取り外し可能 アライナー(マウスピース)は簡単に取り外すことができます。ですから食事は外して取る事が可能です。 治療が完了するまで、矯正器具は取り外すことができません。
金属アレルギー アライナー(マウスピース)は金属を使用しないため、金属アレルギーの心配がありません。 固定された金属製のブラケットやワイヤーによる、口腔内への影響があります。
治療中の
歯のお手入れ
アライナーを取り外して、普段どおりの歯のお手入れが可能です。 矯正装置が歯に固定されているため、歯と歯肉全体のお手入れが難しくなります。
患者における
治療の明確さと
実感度
段階的にアライナー(マウスピース)を交換することにより、矯正治療の進行度合いを確認できます。 装置が固定されているため、治療の進行度合いを確認しづらい場合があります。

また、インビザライン以外でもマウスピース矯正はありますが、緑和会ではインビザライン・システムを採用させていただいております。

インビザラインと一般的なマウスピース矯正との比較

  〈インビザライン〉 〈一般的なマウスピース矯正〉
アライナー
(マウスピース)
の作製
コンピューター上で歯を動かし製作するので、治療期間が正確に計算できる。 手作業で作製される為、治療期間が正確に計算しにくい。
アライナー
(マウスピース)
の精密性
CAD/CAM技術を取り入れおり、精密性が高い。 手作業により、製作する方の技量に左右される。
印象(型取り) 初回の印象(型取り)のみ。その後は歯科医師の治療計画に基づき、アライナー(マウスピース)は作製されます。 アライナー(マウスピース)を作製する度に、印象(型取り)が必要。
治療方法 1つのアライナー(マウスピース)で0.25mmづつ、歯を動かす。 1つのアライナー(マウスピース)で1.00mmづつ、歯を動かす。

治療の流れ

精密検査
(資料取り)
インビザラインで治療可能かどうかの診査をし、治療方針に関してのご報告をさせていただきます(インビザラインでは難しい場合は従来の矯正装置を使用した矯正治療をご紹介させていただきます)。治療可能であり、治療にご同意いただけた場合は次の段階へ進みます。
型取り シリコンを使用した精密な型取りを行います。その型をインビザラインへ送り、治療計画をCG(コンピューターグラフィック)化します。
治療計画の確認 作製されたCGをご確認いただきます。歯の移動の計画を患者様に実際に見ていただくことが可能です。治療の進むイメージを持っていただけると思います。治療計画に同意いただけましたら、最初から最後までの矯正用マウスピース(アライナー)が作成されます。
治療スタート 患者様には、通常4週間~6週間に一度、または主治医の判断に応じて通院していただきながら、歯牙の動きを確認しながら矯正が進んでいきます。

マウスピース矯正(インビザライン)ご注意点

  • 治療期間に関してそれぞれのお口により、期間が異なります。
  • 当初の計画通りに歯が動かないときもあり、その場合は補助装置をつけることもあります。
  • 違和感の感じ方には個人差がございます。

治療費用

80万円(税別)より